蚊若激с
HOME > 教育内容 > 教育理念
facebook始めました

学校法人東京清光学園


清瀬ひかり幼稚園


〒204-0002
東京都清瀬市旭が丘2-5-3
TEL:042-491-2218
交通:
清瀬駅北口より西武バス(清62)
志木駅南口行き、
または(清63)旭が丘団地行き
団地センター下車徒歩1分

  • 教育理念
  • ごあいさつ
  • ひかりニュース
ナガセグループは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」を
教育目標に掲げています。

「社会・世界に貢献する人財」になるということは、社会の一員としての責任を果たしつつ、自分自身で物事を判断し、みんなの幸せのために自ら人生を切り拓いていく、そのような逞しい力を身につけることです。ひかり幼稚園では、その逞しい力の基礎部分を、子どもたち一人ひとりを大切にした保育(知育・徳育・体育)を通して養ってまいります。

 現在の日本は、人口減少・少子高齢化、財政赤字、年金問題、国際競争力の低下など、さまざまな問題に直面しています。また、国際社会では、貧困や環境問題など数多くの複雑な問題を抱えています。こうした危機的状況を打開する唯一の方法は、今より数段高い付加価値を生み出すことのできる知的国家を創ることであり、そのためには「世界にチャレンジする」次代のリーダーの育成が不可欠です。

 国際化の進展に伴い “指示に忠実に従うだけの人”ではなく、“自分の頭で考え、新たな価値を創造できる人”がより強く求められています。事実、脳科学の研究でも、自発的・能動的な取り組みが、10倍以上の成果の差になって現れることが実証されており、“自ら求め、自ら考える心”こそ次代を担うリーダーの要件といえます。そして、その努力の原動力となるものが、将来こうなりたい、こう生きたいという目標=夢です。ひかり幼稚園は、その夢を見つけ、夢を育み、全力で努力する子供たちを育てる教育機関をめざしています。

 ひかり幼稚園は、現役高校生の東大合格者数で抜群の実績を挙げているナガセグループの一員として、幼・小・中・高・大・社会人一貫の新しい教育体系の一翼を担っています。すべての子どもたちが、わくわくするような知的好奇心を抱きながら、自分の夢や目標に向かって元気に取り組んでいく。私たちはそんな姿を思い描きながら、保護者の皆様とともに子どもたちを育んでいけるような存在でありたいと願っています。


理事長  永瀬昭幸

“Great future has a little beginning”
「あなたの始めは小さくてもその終わりは極めて大きくなる」聖書の言葉

教育目標

「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」の土台作りとして「ひかりのように明るく、元気で、正しい子ども」を幼児教育の目標として取り組んでいます。

教育方針

当園では、アットホームな環境の中で、子ども達一人ひとりの神さまとの関わり、人との関わり、身近な自然、文芸、遊びとの関わり、家庭や療育機関との関わりを基本軸にして、生涯にわたる人格形成の基礎を培います。

1.神さまとの関わり

礼拝で神さまのお話を聞き、毎日お祈りをすることによって、神さまを信じる心、善悪を判断する心、仲直りする心、苦しんでいる人を思いやる心、感謝する心、冒険心、将来世界で活躍する夢を育みます。

2.人との関わり

運動会、作品展、クリスマスページェント、お遊戯会の四大行事は子ども達それぞれの秘められた力を引き出すと共に、お友達と力を合わせて目標に取り組んで達成するという協同性、コミュニケーション力を養います。また自由遊びの中での虫捕り、砂場遊び、様々な集団遊びを通しても表現力や思考力を養います。

3.身近な自然、文芸、遊びとの関わり

文科省の調査研究によると自然体験が豊富な子どもほど共感性、道徳心、正義感、物事への探究心や自立的行動習慣が身に付く割合が高いという結果が出ています。清瀬の豊かな自然を活かした自然観察教室、グローバルな視野を持つ子どもの育成のために楽しく異文化に触れられる英語教育(セサミストリート・イングリッシュ)を展開しています。

4.家庭、園、療育機関との連携協力

認定こども園となり、園で長時間過ごす子どもが増加傾向にありますが、改めて家庭教育との連携の重要性を痛感するようになりました。お子様の園での様子をお伝えすると共に、ご家庭での様子をお伝え頂くこと、お子様の様子を参観日や行事に来て見ていただくこと等お子様の健やかな成長のために、日々の連携協力を重視しています。また専門療育機関、家庭支援センターとも連携を図りながら子育て支援を展開しています。

「子どもの新たな一歩を育むもの」

コリントの信徒への手紙第2 4章18節「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」

  園の一日の終わりは、保育者の日誌を確認することですが、これが私にとっては至福の時です。その日の子どもたちの様子、変化を読み取ることができるからです。「〇〇〇ちゃんが初めて自分から進んでトイレに行くことができました」という記録を読むと心が躍るのです。○○○ちゃんは、年少さんの頃は自分の中に閉じこもっている感じだったけれど、進級してから目や表情が外に向かい始めているなあという感触を得たので成長を感じさせてくれるエピソードを期待していたのです。このような日々の中で届いたキリスト教保育6月号に掲載された「親と子供の臨床支援センター」で臨床心理士をしておられる帆足暁子先生による「今こそ大切にしたい安定した愛着関係」という論文を読み、改めて愛着関係の重要性について保護者の皆様と共有したいと思います。

  愛着という概念は、イギリスの児童精神科医ボウルビイが1969年に提唱したもので特別な人との間に形成される情愛の絆」のことですが、子供が不安になったり、怖くなるような状況が生じたときに、愛着者に抱きしめてもらったり、慰め励ましてもらったりして、乗り越え成長し続けることができるという重要な臨床知です。帆足先生は、今この愛着関係が重視されている背景として、児童虐待の増加、子ども社会のいじめの増加、コロナ禍によるステイホームや在宅ワークの推進に伴うDVの増加を挙げておられ、日本の社会は子ども時代の虐待、いじめ、成長するとDV、高齢者になると再び虐待という、社会的弱者が常に怒りをぶつけられるという連鎖の構図になっていると指摘しておられます。この連鎖の構図への対応には、全体的な視点が必要ですが、根本的にはやはり乳幼児期に愛着関係を保証してあげることだと思います。保育所の保育指針に「子どもは、乳幼児期を通じて、大人との交流、応答や大人から理解されることを求め、自分が大人に理解されたように自分からも大人を理解しようとする。この大人との関係を土台として、次第に他の子どもとの間でも相互に働きかけ、社会的相互作用を行うようになる。子どもは大人にされたように他の子どもにもする」と書いてあります。大人から愛されて育つ中で子どもは他者を愛することを学び、それが人生に良い影響を与え、怒りの連鎖の構図を是正していくことに繋がると思うのです。

  新入園児を迎える第一学期、保育者は子どもたち一人ひとりの家庭調査票や個人面談でいただいた情報を整理し、よく観察をします。教室にじっとしていられるだろうかと心配していた〇〇〇君が意外に落ち着いている。どうしてだろうか?しばしば職員室に用事があって戻ってくる保育者のあとについてきます。保育者が目を離してはいけないと考えての行動でもあります。お母さん鳥の後についてくる雛のようで愛らしいのです。子どもは安定した愛着関係の中で安心できると、自主的に活動範囲を広げていきます。ですから自由遊びの時間は、保育者から離れて伸び伸びと遊んでいます。それが落ち着いた生活を生み出していくのです。

  愛着関係は、目標や計画に基づいて行動する力、他者と協働する力、自分の感情を統制するスキル、いわゆる非認知能力の発達と不即不離の関係にあり、CT・MRI等画像診断技術の進歩により脳と身体の健全な発達に不可欠であることが判明しました。愛着関係は、生きる力と人生の困難を乗り越えていく力(レジリエンス)を高めるのです。とすれば幼児期において最優先すべきは愛着関係を保証していくということではないかと思います。精神科医の石丸昌彦先生は、過剰なデジタル化(タブレット端末やスマホ使用)から幼子を守らねばならないと世界的な学会の動向を踏まえて提言しておられますが、まさに愛着関係の見直しを要する社会状況と呼応しています。

  園の見学者からよく聞かれるのは「どんな習い事をしていますか」という質問です。文字や数字を学習することを軽視しているわけではありませんが、小規模のキリスト教保育の園だからこそ、愛着関係とそこから育まれる目に見えないものをこそ大切にしたいと思うのです。お砂場で高い山を造り、その隣に大きな穴を掘ってそこにバケツで水を運んで湖を造ろうとして遊びこむ子どもたちとそれを見守る保育者のような愛着関係をこそかけがえのないものとして受けとめて幼稚園教育を推進していきたいと考えています。

園長 猪野正道