蚊若激с
HOME > 教育内容 > 教育理念

facebook始めました

学校法人東京清光学園


清瀬ひかり幼稚園


〒204-0002
東京都清瀬市旭が丘2-5-3
TEL:042-491-2218
交通:
清瀬駅北口より西武バス(清62)
志木駅南口行き、
または(清63)旭が丘団地行き
団地センター下車徒歩1分

  • 教育理念
  • ごあいさつ
  • ひかりニュース
ナガセグループは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」を
教育目標に掲げています。

「社会・世界に貢献する人財」になるということは、社会の一員としての責任を果たしつつ、自分自身で物事を判断し、みんなの幸せのために自ら人生を切り拓いていく、そのような逞しい力を身につけることです。ひかり幼稚園では、その逞しい力の基礎部分を、子どもたち一人ひとりを大切にした保育(知育・徳育・体育)を通して養ってまいります。

 現在の日本は、人口減少・少子高齢化、財政赤字、年金問題、国際競争力の低下など、さまざまな問題に直面しています。また、国際社会では、貧困や環境問題など数多くの複雑な問題を抱えています。こうした危機的状況を打開する唯一の方法は、今より数段高い付加価値を生み出すことのできる知的国家を創ることであり、そのためには「世界にチャレンジする」次代のリーダーの育成が不可欠です。

 国際化の進展に伴い “指示に忠実に従うだけの人”ではなく、“自分の頭で考え、新たな価値を創造できる人”がより強く求められています。事実、脳科学の研究でも、自発的・能動的な取り組みが、10倍以上の成果の差になって現れることが実証されており、“自ら求め、自ら考える心”こそ次代を担うリーダーの要件といえます。そして、その努力の原動力となるものが、将来こうなりたい、こう生きたいという目標=夢です。ひかり幼稚園は、その夢を見つけ、夢を育み、全力で努力する子供たちを育てる教育機関をめざしています。

 ひかり幼稚園は、現役高校生の東大合格者数で抜群の実績を挙げているナガセグループの一員として、幼・小・中・高・大・社会人一貫の新しい教育体系の一翼を担っています。すべての子どもたちが、わくわくするような知的好奇心を抱きながら、自分の夢や目標に向かって元気に取り組んでいく。私たちはそんな姿を思い描きながら、保護者の皆様とともに子どもたちを育んでいけるような存在でありたいと願っています。


理事長  永瀬昭幸

“Great future has a little beginning”
「あなたの始めは小さくてもその終わりは極めて大きくなる」聖書の言葉

教育目標

「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」の土台作りとして「ひかりのように明るく、元気で、正しい子ども」を幼児教育の目標として取り組んでいます。

教育方針

当園では、アットホームな環境の中で、子ども達一人ひとりの神さまとの関わり、人との関わり、身近な自然、文芸、遊びとの関わり、家庭や療育機関との関わりを基本軸にして、生涯にわたる人格形成の基礎を培います。

1.神さまとの関わり

礼拝で神さまのお話を聞き、毎日お祈りをすることによって、神さまを信じる心、善悪を判断する心、仲直りする心、苦しんでいる人を思いやる心、感謝する心、冒険心、将来世界で活躍する夢を育みます。

2.人との関わり

運動会、作品展、クリスマスページェント、お遊戯会の四大行事は子ども達それぞれの秘められた力を引き出すと共に、お友達と力を合わせて目標に取り組んで達成するという協同性、コミュニケーション力を養います。また自由遊びの中での虫捕り、砂場遊び、様々な集団遊びを通しても表現力や思考力を養います。

3.身近な自然、文芸、遊びとの関わり

文科省の調査研究によると自然体験が豊富な子どもほど共感性、道徳心、正義感、物事への探究心や自立的行動習慣が身に付く割合が高いという結果が出ています。清瀬の豊かな自然を活かした自然観察教室、グローバルな視野を持つ子どもの育成のために楽しく異文化に触れられる英語教育(セサミストリート・イングリッシュ)を展開しています。

4.家庭、園、療育機関との連携協力

認定こども園となり、園で長時間過ごす子どもが増加傾向にありますが、改めて家庭教育との連携の重要性を痛感するようになりました。お子様の園での様子をお伝えすると共に、ご家庭での様子をお伝え頂くこと、お子様の様子を参観日や行事に来て見ていただくこと等お子様の健やかな成長のために、日々の連携協力を重視しています。また専門療育機関、家庭支援センターとも連携を図りながら子育て支援を展開しています。

「自ら学ぶ力を育てよう」

    エフェソの信徒への手紙6章4節「父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい。」

   夏休みの預かり保育のお迎え便で久しぶりに添乗する機会がありました。ある年中組の女の子が「あのねわたし漢字書けるんだよ」と話しかけてくれました。「えっ?漢字!すごいねえ。パパとママが教えてくれたの?」と聞くと、「ううん、絵本に書いてあったのをまねして書けるようになったんだよ」と答えてくれました。私は、その子の会話力にも目を見張りながら、主体的に学ぼうとする姿勢に清々しいものを感じました。職員室に戻ってから、関西学院の橋本裕子先生が書かれた「遊びや生活における乳幼児期の知的発達をどう理解するか」という小論文(キリスト教保育8月号6〜14頁)を読んで目が開かれた経験をしましたので、今月はそれをお伝えしましょう。
   橋本先生は、大人が教えるという視点ではなく、子供が自ら学ぶ力を信じ、子供のものの捉え方や感じ方を子どもの目線で理解しようと努力することの重要性を示唆しておられます。例えば、2歳児に斜面遊びの材料として四角い積み木や丸いボール等多様な形状のものを用意しておくと、すべての材料を同じように試します。試行錯誤の結果、物が転がる現象には物の形や置き方が関係していることを自分自身で見つけ出していくのです。
   知識には、このような物理的知識(外界にある物から教えられる知識)、社会慣習的知識(人からの伝達によってのみ得られる知識:挨拶、マナー、物の名や性質)、そして物や社会等外界から教えられる知識ではなく、個人の頭の中で構成される論理・数学的知識(関係づけ)があります。斜面遊びで、四角い積み木を選ばず丸いボールを選ぶようになるのは、物が高い所から低い所に転がっていくことを子ども自らが空間的に関係づけることができるようになったからです。このように子どもの知的発達においては、知識が量的に増えていくことと、それらを関係づけていく(組織化)力を育むことが大切なのです。
   論理・数学的関係づけには5つの側面があります。第1に、分類することです。例えばバス便は、行先を色で分類しています。バス便の色を帽子に付けています。これで自分は何便に乗るか、一緒に乗るお友だちは誰かを関係づける機会になります。第2に、順序づけです。幼稚園生活は何事も順序付けられています。幼稚園生活では、お支度、お片付け、お着替えと活動の前後に順序付けがなされており、そこで場面の切り替えがなされていきます。TPOを適切に認識できるようになるのです。第3に、数量的関係づけです。物を多い少ないといった量や、1つ,2つという数としてとらえることです。物を数として捉えるかどうかは、子供が自分で関係づけをしなくてはなりません。数の概念の発達には欠かせないことです。第4に、空間的関係づけです。子供は生活場面で、上下、左右、前後、高低の関係づけをしています。例えば靴の左右を間違えていた子が間違えずに履けるようになるのは、自分の中で空間的関係づけができたからです。第5に、時間的関係づけです。下着を付けてから、ズボンやシャツを着る時間的な順番を付けて着替えることもその一例です。子供のお着替え一つとっても、試行錯誤を見守ることが論理・数学的関係づけ(自ら考える力)を促すのです。ようするに論理・数学的関係づけというのは、幼児期においては、園生活や家庭生活の中で、子供の試行錯誤を見守り、その成果を褒め、励ましていくことから育まれていくのです。
   また論理・数学的関係づけは、遊びから養われていきます。例えば、鬼ごっこです。鬼ごっこが面白くなるには、鬼と鬼でない子がはっきり分類できることが欠かせません。上手な鬼は、近くにいて捕まえやすい子と遠くにいて捕まえにくい子を分類し、空間的関係づけを行い、つかまえる順序づけを行い動き出します。まずは、逃げ足の速い先生をつかまえてから、一網打尽という作戦を考える子もいます。集団遊びが活発になることと論理・数学的関係づけが発揮されることは、不即不離の関係にあるということです。私は、園庭で保育者と子どもたちが嬉嬉として集団遊びに興じている姿を見ることが大好きですが、橋本先生の論文を読むことによって、これが幼稚園教育の本領発揮だと思いました。
   ある年長組の男の子は、細かくて形状の多様なブロックで組み立てた作品を、職員室に持って来て見せてくれます。それが実に精巧にできている。幼稚園児でこんなに完成度の高い作品ができるのかという驚きがあります。「好きこそ物の上手なれ」という言葉があります。幼児には、お手本を模倣したり、試行錯誤しながら主体的に学び、行動し、新しく創造しようとする意欲と力があります。大人は、子供が試行錯誤する様子を見ると、つい手を出したくなるものですが、そこをぐっとこらえて見守り、育むことを幼稚園と家庭で大切にして、そこから生まれてくるものにもっと期待していきましょう。また子どもの知的な発達の過程は一人ひとり異なりますから、子供の未発達な領域については、自信を持たせて主体的に行動できるような援助の手立てをご一緒に考えていきましょう。猛暑が続き、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない状況の中でありますが、子供たちの成長とご家族の皆様の健康が守られますよう心からお祈り致します。

園長 猪野正道