HOME > 教育内容 > 教育理念

facebook始めました

学校法人東京清光学園


清瀬ひかり幼稚園


〒204-0002
東京都清瀬市旭が丘2-5-3
TEL:042-491-2218
交通:
清瀬駅北口より西武バス(清62)
志木駅南口行き、
または(清63)旭が丘団地行き
団地センター下車徒歩1分

  • 教育理念
  • ごあいさつ
  • ひかりニュース
ナガセグループは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財の育成」を
教育目標に掲げています。

「社会・世界に貢献する人財」になるということは、社会の一員としての責任を果たしつつ、自分自身で物事を判断し、みんなの幸せのために自ら人生を切り拓いていく、そのような逞しい力を身につけることです。ひかり幼稚園では、その逞しい力の基礎部分を、子どもたち一人ひとりを大切にした保育(知育・徳育・体育)を通して養ってまいります。

 現在の日本は、人口減少・少子高齢化、財政赤字、年金問題、国際競争力の低下など、さまざまな問題に直面しています。また、国際社会では、貧困や環境問題など数多くの複雑な問題を抱えています。こうした危機的状況を打開する唯一の方法は、今より数段高い付加価値を生み出すことのできる知的国家を創ることであり、そのためには「世界にチャレンジする」次代のリーダーの育成が不可欠です。

 国際化の進展に伴い “指示に忠実に従うだけの人”ではなく、“自分の頭で考え、新たな価値を創造できる人”がより強く求められています。事実、脳科学の研究でも、自発的・能動的な取り組みが、10倍以上の成果の差になって現れることが実証されており、“自ら求め、自ら考える心”こそ次代を担うリーダーの要件といえます。そして、その努力の原動力となるものが、将来こうなりたい、こう生きたいという目標=夢です。ひかり幼稚園は、その夢を見つけ、夢を育み、全力で努力する子供たちを育てる教育機関をめざしています。

 ひかり幼稚園は、現役高校生の東大合格者数で抜群の実績を挙げているナガセグループの一員として、幼・小・中・高・大・社会人一貫の新しい教育体系の一翼を担っています。すべての子どもたちが、わくわくするような知的好奇心を抱きながら、自分の夢や目標に向かって元気に取り組んでいく。私たちはそんな姿を思い描きながら、保護者の皆様とともに子どもたちを育んでいけるような存在でありたいと願っています。


理事長  永瀬昭幸

清瀬ひかり幼稚園では、教育方針に沿った保育を行う上で保護者の皆様との密接な連携を大切にしています。 その日の出来事、体調などについて、できるだけ同じ情報を共有し、子どもたち一人ひとりが安心して園生活を送れるように職員一同祈りと愛をもって仕えてまいります。

教育目標

☆ひかりのように明るく、元気で、正しい子ども!

教育方針

当園は、子どもたちがアットホームな環境の中で、神さまと人に愛されて健やかに成長することを教育目標として取り組んでまいりました。そのために7つの点を大切にしています。

1.一人ひとりを大切にする

先生皆が、園児一人ひとりの名前と顔を覚え、心を通わせ、個性を伸ばす保育をしています(2013年には耐震補強工事を実施し、緊急地震速報が全教室に入るよう整備しました。また2014年には大型遊具を新しくし、安全な教育環境の整備に努めています)。

2.一人ひとりの無限の可能性を引き出す

子どもたちは十人十色。一人ひとりの秘められた可能性が輝き出るように子どもたちをよく見て、丁寧に関わります。

3.お友だちと一緒に生活して優しい、正しい、素直な心を養う

神さまのお話を聞き(礼拝)、毎日お祈りをすることによって正しい心、感謝する心を養います。自我の芽生えと共にわがままな気持ちが出てきてお友達とぶつかる場面が出てきますが、そこで「ごめんね」「いいよ」と仲直りができるように導いていきます。

4.丈夫な体をつくる

子どもは外遊びが大好きです。かけっこ、おにごっこ、かくれんぼ、縄跳び、泥団子作り、ドッチボール、おままごと、竹馬、虫取り等季節の変化に合わせた自由遊びが展開します。外で思いっきり遊び、毎週の体育で丈夫な体を作ります。卒園前には、狭山スキー場で見事に滑降できるようになります。

5.皆で力を合わせて頑張る

運動会、作品展、クリスマスページェント、お遊戯会の四大行事は、子どもたちそれぞれの持ち味を引き出すねらいがありますが、それ以上にお友達と力を合わせて目標に取り組んで達成するという貴重な経験を重ねていきます。人と人の関わりの大切さを学んでいきます。

6.ご家庭と密に連絡を取り合う

子どもたちの心身の成長のためには、ご家庭との連携が欠かせません。担任教諭は日々の保育の中で気になったことはその日のうちに必ず連絡を取り、家庭での様子を把握して翌日の保育に備えています。小規模園ならではの親密な交流があります。

7.夢と好奇心を持たせる

日々の保育のなかでのお話、歌、絵本読み、製作活動、ゲームをはじめとして、また正課としてのセサミストリートイングリッシュや自然観察教室等多様なカリキュラムは、幼児期の成長に不可欠な夢と好奇心を与えています。子どもたちが、それぞれの夢を膨らませていけるように願いつつ、あたたかく見守っています。

 園の特色

創立以来、子ども讃美歌「ひかりひかり」を園歌として唄っています。毎朝子どもたちは、先生と心を合わせてお祈りをして、神さまの愛を感じながら、一日を始めます。幼稚園の一日一日が、すこやかでやさしい子どもへの育ちにつながるよう、教職員全員が、園児一人ひとりの名前と顔を覚え、心を通わせ、個性を伸ばす保育を心掛けております。

ひかり ひかり

1.ひかり  ひかりわたくしたちはひかりのこどもひかりのように
あかるいこどもいつもあかるくあそびましょう
2.ひかり  ひかりわたくしたちはひかりのこどもひかりのように
げんきなこどもいつもげんきにうたいましょう
3.ひかり  ひかりわたくしたちはひかりのこどもひかりのように
ただしいこどもいつもただしくはげみましょう


認定こども園ひかりのご案内


清瀬ひかり幼稚園は、平成22年に認定こども園が認可されました。
認定こども園「ひかり」は次の4つの子育て支援を皆様に提供しております。


(1)月160時間以上の長時間保育

  • 現在未就園児で新年度より、月160時間以上の長時間保育
    通常保育時間(9:00〜14:00)
    + 預かり保育時間(8:00〜9:00,14:00〜18:00)
    を希望される方は、早急に当園までお問い合わせください。

  • また在園児で、月160時間以上の長時間保育を希望される方は、
    毎月の保育料(28,000円) + 月額(8,000円)
    でご利用いただけます。

    (土日、祝祭日、12月29日から1月3日、園行事に伴う休園等以外の日に午前8時から午後6時まで、長時間保育を致します)
  • 認定こども園「ひかり」では、長時間保育利用のための入会費は無料です。


(2)未就園児クラス

未就園児とその保護者を対象とした「つぼみルーム」があります。平日の午前10時30分から11時30分まで、親子一緒に活動します。子育て情報の提供と交換の場になっています。また発達相談の受付を随時行っております。現在、新年度の月曜日クラスから金曜日クラスを受け付けておりますので、是非見学の上ご検討ください。(入会金5000円・月会費2000円)



(3)子育て相談

在園児、未就園児とその保護者のための子育て相談を受け付けております。開園日には、随時受け付けておりますので遠慮なくお申し出ください。



(4)園庭開放日

未就園児とその保護者のために、園庭開放日(オープンハウス)を設けます。 親子で楽しんでいただけるよう、時間と場所を提供致します。 詳細は、その都度ホームページ上でお知らせ致します。

  「運動会を振り返って」

 

 今年の運動会には、感慨深いものがありました。2年前は、清明小の芝生造成工事のために園庭で運動会を行い、昨年は開会式を始めてから雨が降り出し、体育館で行った経緯があるからです。やはり運動会は、晴天の下、広い所でやってこそ映えると思うのです。今年は精度の高い天気予報サイト(東進天気予報は、小学校単位で1時間毎の天気、降水確率を表示しています)を知り、早めに日程の変更ができました。その結果、秋晴れの中、体育の日にふさわしい運動会となりました。青空と緑の芝生と万国旗は、運動会の雰囲気を盛り上げるのにふさわしい環境設定だと思いました。

 さて、今年の運動会を振り返って、心に残ったことが幾つかあります。まずは、会場を快く提供してくださり、運動会の為に休日出勤をしてくださった、校長先生と副校長先生のご厚意です。卒園生がお世話になっておりますが、幼稚園教育との連携を大切に考えてくださり、地域の交流を深めようと尽力くださっている先生方の姿勢に心温まる思いでした。清明小で行われた旭が丘、下宿地域活性化の円卓会議で園の運動会を清明小で行うことを話したら、早速、地域の写真家が駆けつけてくださり、撮った写真を届けてくださいました。地域の皆様が園児たちの成長に関心を持って関わって下さるのは有り難い事です。

 そして保護者の皆様が会場準備、競技種目、競技運営、後片付けに積極的に参加してくださったことです。お父さん、お母さんが一生懸命に競技している姿は、園児たちをどれ程エキサイトさせたことでしょうか。また競技のお手伝いをしてくださったお母さんが、お子さんの出番の時、はやる心を抑えて、頑張る姿を静かに微笑みながら見守っておられたことが心に残りました。お子さんも、ゴールで待っているお母さんの姿を意識して奮起したことでしょう。こういう親子ならではの素敵な光景をたくさん見せていただきました。ありがとうございます。

 圧巻は、主役の園児たちです。最後のリレーでゴールに入った男の子が、悔し涙を流していました。真剣さ、本気度が伺えます。私も涙腺が緩みました。それが競技に臨んだ園児全体に漲っていたように思います。パラバルーンや組み立て体操も、石部先生が感動なさった程の出来栄えとなりました。練習を積み重ね、最後まであきらめないでやり遂げた経験は、自信をつける契機になったと思いますし、保育者たちにとっても教育の醍醐味を味わう貴重な時となったことでしょう。私は、運動会を通して、幼稚園教育が、地域、保護者の皆様のご支援、ご協力によって深められ、豊かにされることを実感できました。このダイナミックな関係性を活かした園運営を目指していきたいと思います。神さまの恵みと平安が皆様の日々の歩みにありますよう祈ります。

園長 猪野正道